絶対にバレない副業

好きな事して生きていきたい方だけみてください。

【残酷すぎる事実】あなたはワーキングプアランドの住民です

もりひろです。

 

 

 

あなたは

借金がありますか?

 

 

 

奨学金、家や車のローン、金融会社

携帯の機種代など。

 

 

 

借金にはたくさんの種類がありますが、

今日はその中でも奨学金について

話そうと思います。

 

 

 

「借金なんてねぇよ!」

ってかたは、この先は読まなくても構いません。

 

 

 

今の給料のままで生きていければ

いいと思っているのであれば

それでいいと思います。

 

 

 

もしあなたが

 

欲しいものがあるが買う事ができない。

 

カードを使って買ったしまった。

 

借金が怖い

 

って思っている方のみ

この先読むことを強くお勧めします。

 

 

 

 

目次

 

 

 

 

f:id:a-m-luv1017:20180220153012p:plain

 

 

 

先日見たニュースで弁護士の方が

こんな風に言われていました。

 

 

 

大学はワーキングプアランド

 

 

 

そもそも、ワーキングプアとは?

 

 

 

ワーキングプアとは、年収が200万円以下の

働く貧困層の事を言います。

賃金構造基本統計調査によると

1069万人もの人が貧困層にあたり

 

 

 

正社員でもギリギリの生活すら困難で

拘束時間が長く、生活保護の水準以下の

給料しかもらえない方が当てはまります。

 

 

 

仮に年収が200万とすると

月の手取りは15万円

あなたは今いくら給料を

もらっていますか?

 

 

 

年間200万円以上稼いでいる大学生は

ごく僅かです。

あなたの学科に1人いるか居ないかです。

 

 

 

つまり、学生はみんなワーキングプアに

当てはまり親に仕送りを貰っている学生以外は

かなり厳しい学生生活を強いられています。

 

 

 

ちなみに僕も学生時代は週6で働く

ワーキングプアでしたが(笑)

 

 

そこで出てくるのが

奨学金です。

 

 

 

 

奨学金の種類

 

 

奨学金には、大きく分けて3種類あり

f:id:a-m-luv1017:20180220172126j:plain

 

 

 

第一種奨学金

・利子はつかないけどちょっと条件があるよ!

と、誰でも借りれる訳ではないのが第一種奨学金です。

 

 

 

第二種奨学金

・利子はもらうよ!(3%)その代わり誰にでも貸しちゃう!

というのが第二種奨学金です。

 

 

 

入学時特別増額貸与奨学金

・読んで字のごとく、入学時にだけお金貸しますよ!

というのが入学時特別増額貸与奨学金です。

 

 

 

これらは、親御さんの年収や成績などで

厳しく審査基準が定められており、

借りたくても借りられない人もいるのが現状です。

 

 

 

ちなみに僕は母子家庭なんですが、進学中は正式に

離婚してなかったので収入での審査に落ちてしまい

借りる事ができませんでした。

 

 

 

今では「借りなくてよかった」と

安堵してますが・・・

 

 

 

そのおかげで僕は朝起きて学校へ行き

夜はバイトへ。

休みの日は朝から晩までバイト。

 

 

 

食費は極力抑えて

ジュースは我慢。

 

 

 

主食はお米とスーパーの

50円で売っているコロッケ。

 

 

 

給料日はちょっとだけ贅沢をして

ファミチキとご飯をたべていました。

 

 

 

 

バイト

 

バイト

 

バイト

 

バイト

 

 

 

え、いつ勉強するん?

いつ遊びに行くん?

って生活を3年ほど送っていました。

 

 

 

そのおかげで2回も留年したのは

いうまでもありません。

 

 

 

教育はビジネス

 

 

 

そもそも「なんで大学に行かないといけないの?」

と考えたことはありますか?

 

 

 

周りが行ってるから

 

高卒は就職がない

 

 

 

などとあまり意図を持って大学に

進学されている方はいないと思います。

 

 

 

それは、社会が作った「教育」と

いうビジネスに洗脳されているからです。

 

 

 

学生からお金を巻き上げている大人がいるから

このような事態がおきてしまっているんです。

 

 

 

その証拠に大学で「経営学」

学ぶ事ができますが、「起業学」

学ぶことはできません。

 

 

 

だってみんな起業しちゃったら

大学に行く人が

減っちゃいますからね。

 

 

 

奨学金まで借りて

大学に行くくらいなら

行かないほうがいい

 

 

 

と言っている周りの友達は

みんなお金持ってますよね。

 

 

 

あまり、このような話はしたくありませんが

お金がない女性は俗にいう

「夜の仕事」に手を出し始めます。

 

 

 

僕はそれ自体にあまり

否定的な意見はありませんが、

僕ら男性はそのような手段がないことに

疑問を感じます。

 

 

 

ニュースで紹介されていた

ガールズバーで働く20代の女性について

少しお話します。

 

 

 

f:id:a-m-luv1017:20180220153015p:plain

 

 

f:id:a-m-luv1017:20180220153016p:plain

 

 

 

 

ある1人の例ですが、これが実態です。

アルバイトをしてお金を稼ぐ事は

悪いことではありませんが。

 

 

 

学生のうちにしかできないことを

するべきではないでしょうか。

 

 

 

社会に出れば嫌という程働かせられます。

アルバイトと違って容易にドロップアウトは

できません。

 

 

 

学生の間にどれだけ頑張っても

ワーキングプアからは逃れる事は

できないのですから。

 

 

 

月20万ガールズバーで稼ぐ彼女

1日2食でお金も800円未満しか

使っていません。

 

 

f:id:a-m-luv1017:20180220152928p:plain

 

 

 

 

今、若いうちにできる事は

自分のスキルを磨くことです。

 

 

 

本を読むだけでも全然価値観は

変わってきます。

 

 

 

人と出会うだけで

人生も変わってきます。

 

 

 

僕は、ある人に出会い

人生が180度変わりました。

 

 

 

果たして、社会人になり年金や保険料や

住民税、さらなる負担が増える中

あなたのスキルを磨く時間はあるでしょうか?

 

 

 

ないですよね。

 

 

 

奨学金というなの借金を抱えたまま

社会に飛び出し、本当にやりたかった仕事が

理想と違いやっていける自信がなくなり

お金も十分に稼げない

 

 

 

 

そんな不安や葛藤の中

あなたが向上心を持って

「変わりたい」と頑張れるか

今考えてください。

 

 

 

もちろん、僕も今の世界に飛び込むのは

かなり勇気がいりました。

 

 

 

失敗したらどうしよう。

 

自分には向いてないのかもしれない。

 

 

 

そんな中僕が唯一守ってきたものは

継続です。

 

 

 

確かにペースもまばらで

一気に進んだり、停滞したりしながら

自分のペースで続けてきたお陰です。

 

 

 

やってみないとわからない

 

 

 

本当にこれしか答えは出ないです。

 

 

 

あなたは未来に向かって

強制的に時間を取られています。

 

 

 

僕も同じです。

 

 

 

その命とも言える時間を

どう使うかはあなた次第です。

 

 

 

毎日遊びまわるのも自由です。

 

 

 

時間の効率的な使い方については

こちらをご覧ください。

 

www.trans2250.work

 

 

 

 

 

ですが、その先に待っているのは

バイトよりも過酷な社会です。

 

 

 

その社会に耐えられなくなった人が

自殺やうつ病にかかって

苦しんでいるのも事実です。

 

 

 

今何かやってみたい!

 

 

 

今の現状を打破したい!

 

 

 

今取り組んでいる事が正しいかわからない!

 

 

 

そんな方は僕に連絡ください。

僕もたくさんの方から

相談を受けていますので

今月は残り名のみ受け付けています。

 

 

気になる方はいますぐに

ご連絡お待ちしています。

f:id:a-m-luv1017:20180219193530p:plain